CT-259 蒸汽機車頭 エス‐エル 蒸気機関車 Steam Locomotive - 數位軌道 Digitrack.tw

1930年代由日本三菱重工製造,為C55型機關車,造型簡潔流暢,是日本式蒸汽機車的代表車型。C55型在中華民國政府遷臺後更名為CT250型,負責臺北-高雄間快車的機關車任務,直到1982年退役,現僅剩一輛停放於高雄「打狗鐵道故事館」作靜態展示。

更多CT250的資訊請連結維基百科

Was made in 1930s by Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. It was the Iron horse of Type C55 with a pithy and smooth shape, which became the represent of steam locomotives for Japanese. Type C55 was renamed to CT250 in the time of R.O.C in Taiwan, and was in charge of the lines between Taipei and Kaohsiung till 1982. Now was placed in "Takao Railway Museum" in Kaohsiung for exhibition.

1930代、日本三菱重工で 製造して、C55形蒸気機関車である。簡潔で 穏やかなスタイルで 日本式蒸気機関車の代表作である。C55形は国民党政府の時期、CT250形に変わられて、1982年退役まで台北ー高雄の快速機関車を担当してあった。今は高雄の「打狗鉄道故事館」で展示られる。

詳細については C55、 ウィキペディアをご覧ください