EMU500 區間電聯車 電車 Local Train DigiTrack.tw-數位軌道-台灣鐵道車輛類圖鑑攝影作品

擁有86組共344節車廂的EMU500型區間電聯車是臺鐵數量最龐大的電聯車種,採用德國西門子公司的機電系統,使EMU500具有優異的加減速度,數量龐大也讓它成為電氣化區間重要的運輸主力,除了六家線與沙崙線外,西部幹線、宜蘭線與北迴線都可以見到它馳騁在鐵道上喔!

更多EMU500的資訊請連結維基百科

There are 86 sets with 344 carriages of EMU-500 Local Train, and the most amount of local trains in Taiwan Railways Administration. The eletronic system of SIEMENS makes EMU500 speed up and down rapidly. EMU-500 Local Train is the main power of electrified lines such as Western line, Yilan Line and North-link Line.

For more information about Taiwan_Railway_Administration(TRA) Train, please link Wikipedia

EMU500形電車(EMU500がたでんしゃ)は、台鉄の交流通勤形電車で、従来の通勤電車(現・区間車)より、輸送能力、加速性能を向上させる事を目 的として導入した車両である。韓国・大宇重工製で1993年に発注、1995年~1997年に順次86編成が導入された。電装品はドイツのシーメンス製で ある。今は東部幹線、西部幹線の電化区間で運用されている。

詳細については、EMU500、ウィキペディアをご覧ください

EMU500型電聯區間車 2701次

2010 / 08 / 07 樹林車站2B月臺發車