DR2800 自強號柴聯車 気動車 Diesel Tzu-Chiang Ltd. Exp. - 數位軌道 Digitrack.tw

為「臺鐵捷運化」策略所引進補強運量的電聯車,車內有許多類似捷運系統的配備,如車門上的乘車資訊顯示器、到站播音提示與開關門音效;採用絨布椅及座位以「非」字型排列,都是與其他電聯車不同的特色。車頭端因為下方凸出的「戽斗」造型,神似漫畫人物造型而被取了「阿福號」的親切暱稱,在樹林車站大廳有阿福號便當販售推車,第二月台還有阿福號造型的便當販賣亭呢!

更多EMU700的資訊請連結維基百科

EMU700 Local Train is used to run as "Local Train" and "Local Express" under the policy of Metrolization, and there are a lot of equipment and systems similer with MRT such as displayer, voice prompt, and the arrangement of seats. It is used NT$1.46 per km and person fare system. Sometimes in holidays, it also runs as "non-reserved through train".

For more information about EMU700, please link Wikipedia

EMU700型電車(EMU700がたでんしゃ)は台鉄で運用されている交流通勤形電車である。本形式は区間車の運賃で乗車できる「區間快車」と一部の 「區間車」に充当される。台鉄では台鉄捷運化による輸送量の増加に対応して本形式を導入した。車内の座席は台北捷運と同様のセミクロスシートで、モケット の材質はさらに快適なものに改良されている。側窓には日よけとしてロールカーテンが設置され、客用扉上部には車内案内表示器が設置されている。本形式は新 竹機務段、嘉義機務段に配属され、将来は台湾全土の電化区間にて運用される予定である。

詳細については、EMU700、ウィキペディアをご覧ください