R100 柴電機車 ディーゼル 機関車 Diesel Electric Locomotive - 數位軌道 Digitrack.tw

R100型早期是作為新車種「莒光號」的專用機車頭,是鐵路電氣化前臺鐵重要的柴電機車代表之一,鐵路電氣化後擔任非電氣化區間的主要機車頭,現在活躍於台東線、南迴線與屏東線負責牽引莒光號、復興號及區間車與觀光列車,或各路線的貨運列車機車頭。

更多R100的資訊請連結維基百科

R100 is the represent of the latest train "Chukuang Express", and was one of the various diesel-electric locomotive types used by Taiwan Railways Administration before the electrification of western Line railway. This locomotive is normally used on Taiwan's Eastern Main Line which has not been fully electrified. Now is active duty on Taitung, South-link and Pingtung Line as the locomotive of Chukuang,Fuhsing and Tourist Express; by the way shuttles or freight trains.

For more information about R100, please link Wikipedia (EMD G22U)

R100ディーゼル機関車は 初期新たな列車種別「莒光号(きょこうごう)」専用の機関車で、鉄道を電化させる前に台湾鉄道の大事なディーゼル 機関車の一つであった。鉄道を電化させた後で、まだ 電化させなかった鉄道の主な機関車で 今は台東線、南廻線(なんがいせん)と屏東線(へいとうせん)の莒光号(きょこうごう)、復興号(ふっこうごう)、區間快車(くかんかいしゃ)と観光列車,そして 鉄道線路各各の貨物列車(かもつれっしゃ)の機関車として 活躍している。

R100型柴油機車 1376次

2011 / 02 / 01 花蓮車站1月台進站

2011年元旦假期,R101擔任機車頭牽引加班復興號,列車抵達花蓮1A月臺後解除聯結,R101前往出庫待機,在進車庫前畫面可見到準備接替柴油車頭繼續牽引復興號的E301電車頭正在畫面右側待命中。