S-200 柴電機車 ディーゼル・エレクトリック 機関車 Diesel Electric Locomotive - 數位軌道 Digitrack.tw

S200型是臺鐵向美國採購的第二批柴電機車,為美國GM-EMD公司生產的EMD-GL8型柴電機車,第一批抵臺的S201-S207等七輛柴電機車,頂部有警鐘,是全世界同型車裡獨特的安排,其後生產的S208-S212則將警鐘回復為標準配備位置。S200型擔任過列車機車頭與各主要車站的調度機車,現仍在役的機車則全部配置在高雄機廠作調度用機車。左側藍色塗裝為1980年代以前柴電機車的色彩,右側橘色塗裝為1980年代以後的柴電機車使用色彩,駕駛座頂端並多了空調設備。

更多S-200的資訊請連結維基百科

S200 is the second lot of Diesel Electric Locomotive which purchased from U.S.A by Taiwan Railways Administration(TRA). The EMD GL8 were export diesel-electric locomotives built by General Motors Electro-Motive Division (EMD) in the early 1960s. When S201-S207 these 7 locomotives were shown in Taiwan, there were bells above which made them unique to the others of the same type. And then placed the bells back to the standard equipment. As locomotives, S200 were in charge of trains and dispatch in main stations. Now those locomotives of S200 which still active duty are all in Kaoshiung Railway Workshop as dispatch. The blue-painted ones on the left side were the colour of Diesel Electric Locomotives before 1980s, and the orange-painted ones on the right side were the colour of these locomotives after 1980s with air conditioner above the driving seat.

For more information about S200, please link Wikipedia

S200形は台湾鉄道がアメリカに買った 二ロット目のディーゼル・エレクトリック 機関車で、アメリカのGM-EMD会社が生産したEMD-GL8ディーゼル・エレクトリック 機関車である。始に台湾に至ったS201- S207等七台のディーゼル・エレクトリック 機関車は、その上に 警鐘があって、世界中同じ型の機関車にユニークな 存在であった。その後生産したS208-S212は 警鐘が標準装備に戻った。S200型は列車の機関車と主な駅の調度品を担当して、現役中の機関車は高雄の車両基地で調度品として置いている。左にある青い塗装のは1980代前 ディーゼル・エレクトリック 機関車の色で、右にある橙色の塗装のは1980代後 ディーゼル・エレクトリック 機関車の色であって、運転席の上に空気調節装置がある。