DR2800 自強號柴聯車 気動車 Diesel Tzu-Chiang Ltd. Exp. - 數位軌道 Digitrack.tw

為補充北迴線電氣化後的運能,及克服臺北-花蓮間多彎道的特殊路況,臺鐵引進源自日本JR九州885系,具有列車傾斜(Tilting)功能的傾斜式電聯車TEMU1000型,並命名為「太魯閣」自強號,搭乘太魯閣自強號由臺北-花蓮間單趟車程可在兩小時內完成,也是現今臺北-高雄時間紀錄王(三小時十五分),它流線型的車頭與太魯閣的車名讓鐵道迷給它取了「魯蛋」的有趣暱稱!

更多TEMU1000的資訊請連結維基百科

The Taroko Express trains are Electrical Multiple Units called TEMU1000 and based on the JR Kyūshū 885 series which is a tilting train of the Taiwan Railway Administration.It has been running between Hualien and Taipei City, on the curvy Yilan Line at the existing narrow gauge tracks, where they reduced traveling time between the two places from previously 3 hours down to about 2 hours. Some trains also continue from Taipei to Tianzhong Station. The maximum operational speed is 150 kilometers per hour, or approximately 93 miles per hour.

For more information about Taroko Express(TEMU1000) Train , please link Wikipedia

TEMU1000形電車(ティーイーエムユー1000がたでんしゃ)は、台鉄の中長距離用振り子式交流電車。設計はJR九州885系電車の準同型。 2007年5月8日より「太魯閣号」の愛称で台鉄縦貫線、宜蘭線、北廻線(樹林-花蓮)間で運行されている。この車両は、885系電車と同様に設計最高速 度は150km/h、営業最高速度は130km/hとなっている。振り子式車両で最大傾斜角は5度となっており、曲線区間を本則+25km/h(一般の列 車よりも25km/h高速)で通過することが可能である。これにより所要時間を大幅に短縮し、高速バスとの競争力強化という要求に応えている。

詳細については、TEMU1000、ウィキペディアをご覧ください