DR2800 自強號柴聯車 気動車 Diesel Tzu-Chiang Ltd. Exp. - 數位軌道 Digitrack.tw

為台東線在2013年底完成電氣化所購買的列車,是繼太魯閣自強號後第二款傾斜式電車,經民眾票選後正式命名為「普悠瑪」(卑南族語中團結之意),2012年底首批完成的兩組普悠瑪自強號運抵基隆港後開始進行測試,預計2013年春節投入營運。列車內配置有四人對坐座椅、無障礙廁所、自動販賣機與大型行李放置區等便利設備。

更多TEMU2000的資訊請連結維基百科

The first batch of 16 new tilting train cars, named Puyuma, means "unity" or "concord"in Beinan tribe, one of the tribal groups of the Taiwanese aborigines. It is purchased by Taiwan Railways Administration from Japan and scheduled to be operated along the east coast in February ,2013 after undergoing three months of trial run. Puyuma train cars will start to serve the Taipei-Hualien railway section during the Chinese New Year holidays. With the electrification of the eastern railway slated for completion by the end of 2013, and there are group seat with tables, barrier-free facilities(seats and toilets), vending machines and areas for large luggage.

For more information about Tze-Chiang Train, please link Wikipedia

TEMU2000型電車(ティーイーエムユー2000がたでんしゃ)は、台鉄が東部幹線での休日を中心とした、TEMU1000型電車に続く第2弾とな る、136両の中長距離用振り子式交流電車。将来的に普悠瑪号(プユマごう)として営業運転に就く。「普悠瑪(Puyumaとは台湾原住民の種族のひとつ プユマ族の言語で「団結、集中する」を意味する)号」と正式に命名された。本型式列車は、全17編成34組136両、最初の2編成4組16両が2012年 10月落成し、2013年春節前に東部幹線での営業運転に投入予定である。客車には バリアフリー施設(座席及び便所)、グループ席(大型テーブルつ き)、自動販売機、ベビーチェアと自転車搭載設備がある。

詳細については、TEMU2000、ウィキペディアをご覧ください